胃腸内科

胃腸内科について

胃腸内科とは

食道・胃・十二指腸・小腸・大腸・肝臓・胆のう・膵臓など、消化器と言われる、腹部の臓器全般について、診療いたします。

どんな症状の時に受診するのか

代表的な症状としては、胃もたれ、胃痛、逆流症状、嘔気・嘔吐、下痢、便秘、発熱、腹痛、背部痛、血便、黒色便、便潜血陽性などと、挙げればきりがありません。

診察の流れは

受付後、問診票に詳細を記入していただきます。
診察室では、問診票をもとに診察し、必要な検査を行います。その後、診断・治療方針について詳しくご説明させていただきます。
もし手術などの緊急処置が必要と判断した場合には、しかるべき医療機関へのご紹介をさせていただくこともございます。

PAGE TOP