院長挨拶

おろそかにされがちな、おしりとおなかの健康。
忙しい今の時代だからこそ、適切なケアを。
当院では、胃・大腸・肛門などの消化器疾患、いわゆるおなかやおしりを専門としております。
近年、がんによる死亡率は、残念ながら増加の一途をたどっています。現在の統計では、男性では4人に1人、女性では7人に1人ががんで死亡すると言われております。しかし、早期発見・早期治療により、がんは根治が期待できるほどに現在の医療は進んでおります。
当院では、これまでの経験をもとに、質の高い内視鏡検査・治療を行い、がん治療に少しでも貢献するべく、邁進していきたいと思っております。
また、日本人の多くは、痔に代表される肛門疾患に悩まされております。内視鏡検査をしていても、非常に多くの方に痔があることがわかります。
肛門疾患は命に関わることは稀ですが、だからこそ、非常に長い期間悩まされる病気であるとも言えます。
当院では、手術加療も含め、適切な治療方針を提案することで、患者様により良い生活を送っていただきたいと考えております。

日帰り検査、日帰り手術ができる、身近なクリニック。
リラックスできる居心地の良い空間を心がけています。

胃カメラや大腸カメラなど、「怖い」「苦しい」「痛そう」というイメージを持っている方は多いと思います。
当院では、適度な麻酔(鎮痛剤・鎮静剤)を使用し、熟練した内視鏡検査により、苦痛のない検査を提供いたします。
また、プライバシーに配慮し、患者様が安心して診療を受けられるように、リラックスできる環境をご用意しております。

専門病院での経験や知識をもとに、
安心できる診療を届けたい。

これまで、日本屈指のがん専門病院や肛門専門病院にて、様々な診療を行い、研鑽を積んでまいりました。
医師である限り、最新で最適な医療を提供することが使命だと考えております。わざわざ大学病院などに行かなくても、身近なクリニックで安心できる医療を届けたい。仕事や子育てで忙しい方にもいらしていただきたいと考えております。

代々木上原駅から徒歩1分、患者様の気持ちに寄り添った、安心できる診療をご提供します。

症状からライフスタイルまで、患者様の気持ちに寄り添い、人と人との繋がりを大切にした診療を心がけております。苦痛のないのはもちろん、その後の治療まで見据えた胃・大腸内視鏡検査をご提供いたします。また、日帰り大腸ポリープ切除や、日帰り肛門手術を行っております。
忙しくても、いつも身近にかかりつけ医がいる。そんな安心できるクリニックを目指しております。

ふくだ代々木上原クリニック 院長


福田雄三(ふくだゆうぞう)

専門

日本外科学会 外科専門医
日本消化器外科学会 消化器外科専門医
消化器がん外科治療認定医
東京都難病指定医
日本消化器内視鏡学会
日本大腸肛門病学会
日本内視鏡外科学会

経歴

東京医科大学卒業
三井記念病院・外科
がん研有明病院・大腸外科
東京逓信病院・外科
寺田病院・外科胃腸科、東葛辻仲病院非常勤
を経て、2020年3月ふくだ代々木上原クリニックを開院。

PAGE TOP