内視鏡内科

内視鏡内科について

当院で施行できる内視鏡検査は、上部消化管内視鏡検査(通称胃カメラ)、下部消化管内視鏡検査(通称大腸カメラ)となります。

上部消化管とは

「上部消化管」とは、「食道、胃、十二指腸」を指します。
胸焼け、胃もたれ、逆流症状、げっぷなどの症状の原因検索として上部消化管内視鏡検査を行います。
方法としては、口もしくは鼻から内視鏡を挿入し、上部消化管をリアルタイムに観察しながら写真撮影していきます。
炎症や潰瘍、ポリープ、腫瘍など肉眼的に観察して、必要であれば組織を採取し検査を行うこともできます。
ピロリ菌感染を疑う場合は、その検査もご提案させていただきます。
「胃カメラは辛そうで嫌だ」「前に検査したがとても辛くてトラウマになっている」「鼻から検査をしてほしい」などの声をたくさん伺います。
当院では患者さんに合わせて経鼻内視鏡や静脈麻酔を適宜使用することにより、
「気が付かないうちに検査が終わった」「思ったよりも辛くなかった」と仰っていただけるよう、
それぞれの要望に合った検査方法をご提案させていただきます。
電話予約もできますので、ご相談ください。

 

下部消化管とは

「下部消化管」とは主に大腸のことを指します。
便潜血陽性、便秘、下痢、血便、腹痛などの症状の原因検索として、下部消化管内視鏡検査を行います。
肛門から内視鏡を挿入し、大腸と小腸の一部を観察する検査です。
検査前に一定量の下剤を内服していただき、便が透明になったのが確認できてから検査します。
大腸カメラの挿入法は様々な流派があり、挿入法によってはかなり辛い検査になってしまいます。
辛くなる原因は、挿入時に無理に押し進めたり、空気を入れ過ぎて腸が引き伸ばされたりするためです。
当院で行っている「無送気軸保持短縮法」は盲腸(大腸の一番奥)に到達するまで空気は全く入れません(無送気)。
また腸を畳みながら挿入する(軸保持短縮)ことで、腸に無理な力がかからないために、無痛で辛くない検査が可能になります。
もちろん、その挿入法は簡単に習得できるものではなく、正しい指導施設での一定以上の修練が必要です。
この「無送気軸保持短縮法」を駆使し、辛くない挿入法での検査を実現できているのです。
また、静脈麻酔で「うとうとした状態」で検査し、さらに、観察時に腸に入れる空気を炭酸ガスに変えることにより、
検査後の腸の張りが軽減するようにも工夫しております。
これまで、「大腸カメラはこわい」「前に大腸カメラを受けたが痛くてトラウマになっている」などのお悩みを抱えている方には、お気軽にご相談ください。
大腸カメラでは、炎症、ポリープ、腫瘍などを発見することができます。
場合によってはポリープや早期がんの治療もその場で行います。患者さんによって様々なご要望があると思いますので、それぞれに合わせて検査・治療させていただきます。
事前に採血検査を行ったり、下剤などをお渡しすることが必要ですので、一度ご来院して検査日日程の調整をしてください。詳しい検査方法のご説明もさせていただきます。

費用

治療方法 1割負担 3割負担
胃内視鏡検査(観察のみ) 2,000円 程度 6,000円 程度
胃内視鏡検査(組織検査あり) 4,000円 程度 12,000円 程度
大腸内視鏡検査(観察のみ) 2,500円 程度 7,500円 程度
大腸内視鏡検査(組織検査あり) 3,000 〜 5,000円 程度 10,000 〜 15,000円 程度
日帰り大腸ポリープ切除 7,000 〜 10,000円 程度 20,000 〜 30,000円 程度

※検査前後の診察代などは含まれておりません。

PAGE TOP