肛門科

肛門科について

肛門科とは

肛門科では、痔核(いぼ痔)、痔瘻(あな痔)、裂肛(切れ痔)に代表される疾患を診察します。
痔のほとんどは軟膏などの治療で症状改善が期待できますが、それでも改善がない場合、当院では手術加療も含めて、ご相談に乗らさせていただきます。
肛門診察は非常に特殊で、専門家でないと判断が難しい領域です。
本当は手術が必要なのに適当に軟膏治療が継続されてしまっている方も多く見られます。当院で適切な治療方針を探していきましょう。

どんな症状の時に受診するのか

肛門からの出血、脱出、しこり、疼痛、かゆみなど、肛門に関する全ての症状でご相談ください。

診察の流れ

まずは、受付後に、問診票に詳細を記入していただきます。
診察室では、それに加え必要な情報を問診させていただいた後に、ベッドに横になって、肛門診察をさせていただきます。
診察後、結果・治療方針について詳しくご説明させていただきます。

PAGE TOP