肛門の疾患

  1. 膿皮症

    アポクリン汗腺の開口する毛包の閉塞により、汗腺を繰り返す、化膿性汗腺炎のことを言います。臀部、会陰部、肛門周囲に起きる化膿性汗腺炎のことを慢性膿皮症としています。原因は不明ですが、ストレス、皮膚の不潔、肥満、多汗症、化学的脱毛などが誘因となって、痤創が前駆病変となっている可能性があります。感…

  2. 肛門掻痒症

    肛門が痒くなる原因は、器質的疾患を伴わないもの(特発性肛門掻痒症)と、基礎疾患に伴うもの(続発性肛門掻痒症)があります。原因は以下のように非常に多彩です。【特発性肛門掻痒症】*身体的素因肥満、漏斗状肛門、多毛*排便習慣頻便、下痢、便秘、肛門狭窄*食事コーヒー、紅茶…

  3. 乳児痔瘻

    乳児痔瘻は文字通り、乳児に発生する痔瘻です。ほとんどが男児で、肛門の側方向に発症します。オムツの交換時におしりの周りが赤く腫れ上がっていること(肛門周囲膿瘍の状態)でご両親が気づくことが多いです。膿の貯留が認められる場合には切開排膿が必要ですが、発赤・腫脹のみであれば抗生物質の内服をして…

  4. 痔瘻根治術

    痔瘻(あな痔)の手術治療についてです。下記のような術式があり、それぞれ痔瘻のタイプに合わせて考える必要があります。…

  5. 肛門周囲膿瘍・痔瘻

    直腸と肛門上皮の境となる歯状線という場所があります。その窪み(肛門陰窩)から細菌が入り込み、肛門腺が化膿して、膿の溜まりを形成します。それを肛門周囲膿瘍と言います。肛門周囲膿瘍が自壊したり、切開排膿することにより、皮膚とトンネル形成します。そのトンネルが自然に治癒することもありますが、大部分は膿…

  6. 痔核(いぼ痔)

    肛門部のクッションの役割をしている血管の集合体は、通常、肛門括約筋に固定されております。その固定している支持組織が脆弱になることにより、クッションが膨らみ、コブ状になって脱出してくるものが痔核(いぼ痔)です。これまでは、肛門部の血流がうっ滞することにより静脈瘤になるというのが定説でした。…

  7. 裂肛(切れ痔)

    裂肛は硬い便や下痢などで、肛門上皮が切れる病気です。切れ痔とも言われます。急性と慢性に分かれます。急性裂肛は、一時的な切れ痔で、主な症状は数分間続く排便後の痛み・出血です。軟膏などの保存的治療で改善します。また、硬い便の場合、緩下剤(便を軟らかくする薬)をお勧めすることもあります。…

PAGE TOP