肛門の疾患

  1. 痔核(いぼ痔)

    肛門部のクッションの役割をしている血管の集合体は、通常、肛門括約筋に固定されております。その固定している支持組織が脆弱になることにより、クッションが膨らみ、コブ状になって脱出してくるものが痔核(いぼ痔)です。これまでは、肛門部の血流がうっ滞することにより静脈瘤になるというのが定説でした。…

  2. 裂肛(切れ痔)

    裂肛は硬い便や下痢などで、肛門上皮が切れる病気です。切れ痔とも言われます。急性と慢性に分かれます。急性裂肛は、一時的な切れ痔で、主な症状は数分間続く排便後の痛み・出血です。軟膏などの保存的治療で改善します。また、硬い便の場合、緩下剤(便を軟らかくする薬)をお勧めすることもあります。…

PAGE TOP