内視鏡

  1. 日帰り大腸ポリープ切除について

    当院では大腸内視鏡検査を行う際、抗血栓薬内服中などの特別な場合を除き、「日帰り」での切除を行っております。これまで、ポリープ切除する際には、電気で焼灼して切除することが主流でしたが、この方法は切除後の出血により、止血処置が必要になる事が一定数、避けられないものでした。そのため、切除後は入院が…

  2. 下部消化管内視鏡検査(通称大腸カメラ)

    「下部消化管」とは主に「大腸」ことを指します。肛門から内視鏡を挿入し、大腸と小腸の一部を観察する検査です。大腸カメラの挿入法は様々な流派があり、挿入法によってはかなり辛い検査になってしまいます。辛くなる原因は、挿入時に無理に押し進めたり、空気を入れ過ぎて腸が引き伸ばされたりするためです。…

PAGE TOP