乳幼児・高齢者

  1. 乳児痔瘻

    乳児痔瘻は文字通り、乳児に発生する痔瘻です。ほとんどが男児で、肛門の側方向に発症します。オムツの交換時におしりの周りが赤く腫れ上がっていること(肛門周囲膿瘍の状態)でご両親が気づくことが多いです。膿の貯留が認められる場合には切開排膿が必要ですが、発赤・腫脹のみであれば抗生物質の内服をして…

PAGE TOP