肛門掻痒症

肛門が痒くなる原因は、器質的疾患を伴わないもの(特発性肛門掻痒症)と、基礎疾患に伴うもの(続発性肛門掻痒症)があります。
原因は以下のように非常に多彩です。

【特発性肛門掻痒症】
*身体的素因
肥満、漏斗状肛門、多毛
*排便習慣
頻便、下痢、便秘、肛門狭窄
*食事
コーヒー、紅茶、アルコール、タバコ、唐辛子、生にんにく、トマトなど
*精神的素因
肛門神経症、躁うつ

【続発性肛門掻痒症】
*全身疾患
糖尿病、白血病、甲状腺機能障害など
*直腸肛門疾患
脱肛、痔瘻、裂肛、外痔核、直腸脱、皮垂、直腸癌、肛門癌、尖圭コンジローマ、蟯虫など
*皮膚疾患
脂漏性皮膚炎、接触性皮膚炎、扁平苔癬、黒色表皮腫、Bowen病、Paget病など

《治療》
○急性期: ステロイド軟膏
○漏出液によるもの→軟膏などで皮膚との接触をブロック。
○軟膏治療で改善ない場合: 抗ヒスタミン薬の内服

肛門掻痒症は、生活の質が著しく低下するものです。詳しくお話を聞くことで原因が特定できる可能性があります。

何れにしても、「洗いすぎ」「拭きすぎ」「掻きすぎ」は禁物です。なるべく触らないようにすることが治療の第一歩です。

PAGE TOP