肛門周囲膿瘍・痔瘻

直腸と肛門上皮の境となる歯状線という場所があります。その窪み(肛門陰窩)から細菌が入り込み、肛門腺が化膿して、膿の溜まりを形成します。それを肛門周囲膿瘍と言います。
肛門周囲膿瘍が自壊したり、切開排膿することにより、皮膚とトンネル形成します。そのトンネルが自然に治癒することもありますが、大部分は膿の通り道として残存します。それが痔瘻です。
飲酒などによる下痢や軟便が原因とも言われております。糖尿病などの基礎疾患が存在する場合があります。

肛門周囲膿瘍では発熱、座れないほどの痛み、腫れなどを自覚します。
痔瘻ではパンツが汚れるなどの自覚症状があります。

痔瘻は放置して、炎症を繰り返していると、長年の経過で”痔瘻がん”を発症することがあります。非常に予後の悪いがんです。
痔瘻を疑う症状がある場合には、肛門科専門家へご相談をお勧めします。

PAGE TOP