炎症性腸疾患(IBD)について

炎症性腸疾患(IBD; Inflammatory bowel disease)は、「潰瘍性大腸炎」や「クローン病」や「腸管ベーチェット」などの総称です。
何らかの原因で、免疫機構に異常をきたし、自己の免疫細胞が腸を攻撃してしまうことにより、炎症をきたします。
主に慢性的な下痢や腹痛、血便などの症状を認めます。

難病指定されておりますが、近年患者数が増加傾向にあり、比較的珍しくない病気になってきています。一旦発症すると、根治することは稀であり、生涯病気と付き合っていく必要があります。

「潰瘍性大腸炎」
大腸の炎症により、慢性的に下痢、腹痛、血便などの症状をきたす病気です。
病変の範囲により、直腸炎型、左側結腸炎型、全結腸炎型などに分類されます。
多くの方は内服や坐薬、場合によっては点滴などの治療により症状は改善します。しかし、薬をやめると再燃するといったことをしばしば経験します。

「クローン病」
全消化管(口〜肛門まで)に炎症を起こしうる病気です。
痔瘻(あな痔)と診断され、その検査の結果、クローン病が発見されることも多く経験します。
症状としては潰瘍性大腸炎と同様に、下痢、血便、腹痛があり、さらに肛門痛や発熱、体重減少などもよく遭遇する症状です。
潰瘍性大腸炎とは違い、腸管壁の炎症が全層性に起きるため、穿孔(腸に穴が空く)や狭窄(腸が狭くなる)、瘻孔(腸同士でトンネル形成する)などの症状を来たす危険性があります。それらの症状が出現すると場合によっては緊急手術が必要になることがあります。

それぞれ、まだなかなか根治が期待できない病気ですが、日進月歩で新たな薬が開発されており、症状をしっかり抑えて、生活していくことが可能になってきています。
学業、仕事、結婚、出産など問題なく生活していけることが治療の目標といっても良いでしょう。
入院が必要な状態であれば、然るべき高次医療機関へご紹介させていただきますが、外来診療でも十分対処可能な場合が多いですので、一度ご相談ください。。

PAGE TOP