がん罹患率

現在、日本人のがん罹患率は大腸がん>胃がん>肺がん>…の順になっています。
因みに、死亡者数は肺がん>大腸がん>胃がんの順になっています。
近年、比較的簡単にできる胃内視鏡検査の普及、カメラの性能の向上により、早期の胃癌が発見され、早期に治療ができるようになっています。また、大腸内視鏡検査は事前に下剤の内服が必要であり、ややハードルが上がるとは思いますが、これも近年検診が進み、早期にポリープや早期がんなどを内視鏡的に治療することで、大腸がんの早期治療が可能になってきています。これらが、罹患率に対して死亡者数の順位が低いことの理由と考えられます。
早期の胃がんや大腸がんは、基本的に自覚症状はありません。自覚症状を感じてから検査しても遅いことがあるのです。

自覚症状がないうちに検査する事が、早期発見・早期治療につながります。

PAGE TOP