痔核(いぼ痔)

肛門部のクッションの役割をしている血管の集合体は、通常、肛門括約筋に固定されております。その固定している支持組織が脆弱になることにより、クッションが膨らみ、コブ状になって脱出してくるものが痔核(いぼ痔)です。
これまでは、肛門部の血流がうっ滞することにより静脈瘤になるというのが定説でした。

原因は、便秘・下痢などによる息み、長時間トイレに座っている、長時間同じ姿勢でいることが多い、アルコール・刺激物の過剰摂取、肛門の冷え、妊娠・出産などです。

下記のように脱出の程度で分類するGoligher(ゴリガー)分類というものがあります。
分類の区分によって推奨される治療法が変わってきますので、ご相談ください。

PAGE TOP