下部消化管内視鏡検査(通称大腸カメラ)

部消化管」とは主に「大腸」ことを指します。
肛門から内視鏡を挿入し、大腸と小腸の一部を観察する検査です。
大腸カメラの挿入法は様々な流派があり、挿入法によってはかなり辛い検査になってしまいます。辛くなる原因は、挿入時に無理に押し進めたり、空気を入れ過ぎて腸が引き伸ばされたりするためです。

当院で行っている「無送気軸保持短縮法」は盲腸(大腸の一番奥)に到達するまで空気は全く入れません(無送気)。また腸を畳みながら挿入する(軸保持短縮)ことで、腸に無理な力がかからないために、無痛で辛くない検査が可能になります。もちろん、その挿入法は簡単に習得できるものではなく、正しい指導施設での一定以上の修練が必要です。
この「無送気軸保持短縮法」を駆使し、辛くない挿入法での検査を実現できているのです。
また、静脈麻酔で「うとうとした状態」で検査し、さらに、腸に入れる空気を炭酸ガスに変えることにより、検査後の腸の張りが軽減するようにも工夫しております。
これまで、「大腸カメラはこわい」「前に大腸カメラを受けたが痛くてトラウマになっている」などのお悩みを抱えている方には、お気軽にご相談ください。

大腸カメラでは、炎症、ポリープ、腫瘍などを発見することができます。
場合によってはポリープや早期がんの治療もその場で行います。患者さんによって様々なご要望があると思いますので、それぞれにあわせて検査・治療させていただきます。

PAGE TOP