上部消化管内視鏡検査(通称胃カメラ)

部消化管」とは、「食道、胃、十二指腸」を指します。
口や鼻から内視鏡を挿入し、上部消化管をリアルタイムに観察しながら写真撮影していきます。
炎症や潰瘍、ポリープ、腫瘍など肉眼的に観察して、必要であれば組織を採取し検査を行うこともできます。
「胃カメラは辛そうで嫌だ」「前に検査したがとても辛くてトラウマになっている」などの声をたくさん伺います。

当院では、最新の経鼻内視鏡を導入します。さらに、鎮静剤や麻酔など、患者さんに合わせて適宜使用することにより、「気が付かないうちに検査が終わった」「思ったよりも辛くなかった」と仰っていただけるよう、それぞれの要望に合った鎮静方法をご提案させていただきます。

PAGE TOP